Scene 日常の風景

今朝、通勤路の横断歩道が赤信号で立ち留まった時、
見上げた空をみて・・・
ふと・・・

 

「今の生活、大切にしたい」

 

と思いました。

 

何があったワケじゃないけれど。
まだ2年ちょっとしか経たない、見慣れたと言うには少し早い気もする、
でもやっぱり私の日常になったこの風景、空を。

 

「当たり前と思って過ごしてはいけない」

 

と感じました。

 

そう言えば、夏は。
ネオンチカチカのデパートが立ち並ぶ通りを敢えて通って帰っていました。

 

自分の人生が願って思った通りに過ごせている事を、
当たり前と思って疎かに、怠惰に、感謝せずに過ごしていては、
手の中につかんであると思っていたものが、
スルスルと指の間から流れ落ち、消えてしまいそう。

 

ある意味「守り」に入りたいのかもしれないけれど。
守りたいと思うものができたのは、嬉しいこと。

 

たった一度の人生というフレーズはよく聞くけれど。
私はホントにそう思う。

 

この時、この瞬間は二度とおとずれない。

 

来年の2020年2月6日に同じ場所の同じ椅子に座っていても、
今年の2019年2月6日の私がいるわけではないのです。

 

状況も関係も変わっているかもしれない。

 



先を見越して過ごす毎日も大切だけれど、
今を生きるのも大切。

 

もし、今、地球に隕石が落ちてきて後1時間後に人類は死滅します!
と言われたとしたら、私は、、、

 

「今まで好き勝手に生きてきたし。人類滅亡なら一人じゃないし。
 同じ年月を生きてきた人間の中では充実していたと思う(自己比較)
 総じて後悔はない。」

 

と思える気がします。

 

友達の中には「将来、やりたい」とか
「結婚したら料理頑張ってインテリアも揃えたい~」などの、
まだ見ぬ明日(将来)に先送りしたりする人も多いけれど、
私は「今」を存分に生きたいと思ってきました。

 

今朝、ふと、雨模様で決して良い天気ではないグレー色の空を見て、
なぜかあらためてそう感じたのでした。