Work

王道の強さを知る

 

あらためて王道の強さを感じています。

無難で平凡なもの、よくあるもの、
誰かと一緒,,,
もしくは成功した先人の方法を追随するなどの、
王道パターンに人は安心して、
そしてそこに惹かれるパワーが強い。

流行りと似ている。

ワタシはそこにあまり惹かれないタイプ、かな。
だからって意図的に違うものだとか、
超絶個性重視というわけじゃないのだけれど,,,

自分なりの好きとコダワリが強い方なのだと思います。

最近ハマっている韓流ドラマで、
派手なワンピドレスを着ているシーンでのこんなやり取りがあったのですが,,,

男性「もっと平凡な格好をしたらどうだ」
女性「嫌よ」
男性「なんで?」
女性「・・・。」
「平凡だから」

ワタシは深く賛同してしまいました。
似たような会話をした記憶もある,,,,,笑。

ちなみに、
私服が派手なので女性の方に賛同しました。笑。

この会話には続きがあって、
派手な服装は自己顕示欲の現れか?という問いに、弱い自分を守るための鎧だよ、というもの。

それもまた一理あるのかな、
なんて気づきもありました。

話が若干それましたが、、、
とにかく王道って強いんですよね。
そこに絶対的なニーズ、需要がある。

動画にしても百均、無印、ニトリ、イケア、ユニクロ、GU,,,みんな好きな王道を扱うと視聴回数って伸びるし、取り入れやすいから役立つ情報と認知されるのを分かっています。

だけどワタシの好みじゃないから、
惹かれないから、
無理して買わないしほとんど取り扱わない。
(全く買わないわけじゃなく必要なら買います)

そういえば以前、もっとキッチンツールにこだわらず安い材料で料理の腕を磨いたらどうですか、という内容のメールをいただきました。苦笑。(なお、ご意見などを頂くために公開していたアドレスではありません)

一理あるけど、これでは没個性でチャンネルとして成り立たないんですよね。汗 (一応、そういうことを考えて運営しているのですよ〜)

目的が料理の腕を上げるならば、その方法も良いと思いますが,,,そんな方向性でもないです。

他者との差別化もちゃんと意識していかないと、その他大勢の中に埋れてしまいます。

ですが、、、
この好きやコダワリがワタシには、
色、キャラクターになるかもだけれど,,,

だからってワタシ以外の他の人が同じようにしても、個性や特徴、キャラになるとは限らない。

むしろ難しいかもしれない。
だったら王道のほうが成功率があがる。
確実にそこに需要があるから。

ニッチでコアなエリアを攻めるよりも、
メジャーを攻めた方が成功率が高いのは容易に想像がつきます。

なにせ共感の時代ですからね。

そして、その人に憧れる人いたら、
そのスタイルを踏襲した方が、
本人の満足度も高い。

ワタシがよくても、
相手が望んでいることもあるって思うと、
難しいなぁ~って思うところです。

そんなワケで、、、
いろんな活動に必要不可欠であるこの王道の良さを学ぶ必要がワタシにはあるのでは?と最近感じています。

王道を教えてくださるビジネスサロンやセミナー、コンサルを体験するのも良い経験かも。

大切なのはコンサルする相手が望む成功、スタイルを提供できるかどうか。

ワタシ流がすべてではなくて、
(それも特色、メニューでもあるけれど)
本人が望み、そこに満足があり、
そのスタイルで成功したいと望むこと。

そして、そこにワタシが対応すること,,,
なのかなと、感じています。

そんなこんなで今までとは違い、
自分のためではなく、
自分以外のため、なので、、、
なかなか発進できない新しいビジネスなのでした。苦笑。

ABOUT ME
usagi
usagi
YouTuber & Blogger。現代女性のライフスタイル提案。衣食住に「私らしく」生きていくレシピ紹介。