Mind

好きを見極める方法

 

自分の好きをしっかり見極めようとすると、
思った以上にボヤ~っとしてることに気づくことがあります。

ただ漠然と好き

はたくさんあるのだけれど、
詳細化したり、なぜ好きなの?と問うと,,,,,
案外、答えがはっきりしなかったりします。

これ、しっかりと把握するだけで迷いや後悔が軽くなって心身ともに豊かになると思っています♡

でも、日常や情報に流されて自分を見失うことも多々あって,,,
そんな時は他者が教えてくれると感じることもあります。

自分と似ているとか好きという感情とは別に、いろんなジャンルの方の考えやそれに基づいた言動が面白くて発信を拝見させて頂いています。

その方々の生活様式や考え、マインドに触れていると逆に自分のことが見えてきます。

いいなぁ~と憧れに似た、自分の生活にも取り入れたいっていう願望や欲望が表向き強いのですが,,,,,

少し時間や距離をおいて冷静に考えると、
それが単なる一過性で、
まさに「他人の芝生がよく見えている」「ないものねだり」の微熱のような気持ちであることに気づきます。

いや、ワタシはこうだな。
これは無理だな。

その方を批判したり意見するものではなくて、
鏡のように見て自分に気づくという感じです。

たとえば、、、
何もないミニマリストさんの簡素な家や、
好きな雑貨に囲まれて趣味が表に出てる家も、
それぞれ素敵だと思うけれど,,,

自分の家にするなら適度なものと好きがある家が理想なのだと気づきました。

物が無くてスッキリとした印象と合理性や利便性が高いインテリア、生活様式もすごく憧れるけれど,,,

正直、淋しい

掃除が楽になるとか時短や効率化にはなるんだろうけど、それで空いた時間に何かしないといけないほどワタシ、忙しくもない。笑。

どうせ空いた時間でソファに座って動画でも見るか本を読むぐらい。

なんとなく「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」という有名な標語と似た印象をもってしまいます。汗。

逆に雑貨やいろんな物をお店のように飾るのは、世界観は素晴らしいと思うけれど,,,

正直、大変そう

今度は掃除の頻雑さや目が散る、雑多なごちゃごちゃ感が逆に落ち着かないという感じ。

きっとこの間なんだよね。

適度にものがあって、
適度に散らかってて、
でも清潔で居心地がいい。

これがワタシの求めるところなんだなぁーと。

じゃ、それどうやればいいんだろう、、、
って具体的に考えていくと、
だんだんと、ちょっとずつ見えてくる。

家づくりはそんな感じ

自問自答で自分と対話しながら、
時に他者を見て気づきながら、
コツコツと作りあげていくのかと思いました☺︎

家に限らず好きを見極める時にも、
こんな工程もよいかと思います。


ABOUT ME
usagi
usagi
YouTuber & Blogger。現代女性のライフスタイル提案。衣食住に「私らしく」生きていくレシピ紹介。