Essay

理想を叶える自分ノートの作り方

自粛生活での虚無感におそわれた時にワタシを助けてくれた「自分ノート」についてお話ししようかと思います。

自分の中に関心があることはよく目に止まる、気に留まると心理学上でもあるようですが,,,「ノートに書く」というアナログな行動、意外と多くの人がやっているように思います。

根強い人気のローテクである「ノートに書く」をワタシ流ですがどんな風にやっているのか?シェアさせていただきたいと思います☺︎

動機

ワタシの自分ノートの最初の頃に見つけた一文ですが,,,

目標は文章化されることでより明確になり達成しやすくなる

と心理学上証明されている。この言葉がキッカケだったように思います。「だったらやらなきゃ損だ!」と単純なソントク感情もあってはじめました。笑。

書くだけで理想に近づく、目標達成の手助けになるのですからほぼ原価ゼロのこの行動、やってみる価値はあるかも!と行動力と好奇心の強いワタシは早速、手元にあったノートとペンではじめました。

マインド

まずはマインドが大切だとおもったワタシは自分の狭い世界観での捉え方から脱するべく、ネットや本から「目標達成」「理想を叶えるためにすること」「マインドチェンジ」,,,そんな情報や見識を調べてみました。

ネット上には無料で!たくさんありました。不思議と自分が無意識でも欲している言葉って分かるもので、これが「心に刺さる」ってやつなのかもしれません。

この手の自己啓発本もたくさん出版されているので好みのマインドや文体の著書を見つけてみるのも良いかと思います。

そこから自分の心に響いた言葉をただただ書き写して,,,自分にないポジティブな言葉や思考を自分に刻み込むようにモノにしたくて、ひたすら書き写して何度も読み返してマインドを変えるよう努力していました。

少し古い本になりますが個人的にすごく助けられた本はコチラ。

created by Rinker
小学館
¥1,650
(2020/07/09 06:26:28時点 Amazon調べ-詳細)

トップモデルという立ち位置ながらに内面の充実にも事欠かないなんて素敵すぎる!と今だに憧れの女性です。

煌びやかな世界に身を置く人ほど、人間の表も裏も嫌でも目にするのかもしれません。モデルさんの本というとビジュアル重視の薄っぺらいものと捉えがちかもしれませんが。全部が全部、そんなことはないと思います。

一通り集めきり、心に刺さった言葉からもらったパワーで、次は自分のことを自分の言葉で書き綴ります。

自己肯定」「内観」は避けては通れず、むしろ対応した方がうーーーんと楽になります。自分という人間を見つめ直します。薄々感じている見て見ぬふりをしている感情とも向き合う。

例えば実は親友って言われてる●●ちゃんが実はちょっと嫌い。だって羨ましい。私に持ってないもの全部持ってるよ,,,というような隠して誰にも知られたくないようなことも全部吐き出します。

そこで改めて知ることがあります。先に調べた心に刺さる言葉や心理学的見解などが頭に入った状態ですると、より効果的です。

誰よりも知っているはずの、分かっているはずの、「自分」という人間が実は思った以上に理解できてないことを感じるかと思います。知っているはずが別の顔を持っていた,,,,,家族が職場で見せる顔と家で知っている顔が一緒じゃない,,,そんな感覚です。

そして全部まるっと「これが私」と認めて肯定します。良いところも悪いところも。

自分ですら完全に理解するのが難しいのですから、他者となればなお理解など簡単ではない深い闇。一面を見て知ったかのような過信や断定が早計な見解だと思うようになりますし、他者に対しても良いところも悪いところもあるという一見当たり前のことももっとスンナリと実感をもって受け入れることもできると思います。

自分を知ることで他者を知ることになる、ワケです。これが自己肯定です。これをするのとしないのでは、物事、日常の受け止め方が変わってくることは想像に難くないでしょう。



目標

マインドチェンジができたら次は本丸の「目標達成」これは至極簡単です。自分の理想、夢、願望、欲望を書き出すというだけです。

ですが1つだけコツがあります。漠然とした内容ではなく「できる限りリアルに書くこと」です。そして達成した体、つまり「過去形」で書くこと。

さらに最近ワタシは語尾に「ありがとうございます」とお礼も述べることでリアル感を増すようにしています(達成したかのような気持ちに到達するから、笑。もはや自己暗示ですかね)

例えば「お金持ちになりたい」と誰もが一番ぐらいに頭に浮かぶ願望、夢ですが。それでは役不足です。

具体的に何をしてどのぐらい稼ぐお金持ちになりたいのか、が必要です。具体性を持たせるとなると人間は不思議なもので「遠慮」のような「現実」を加味した内容が出てきます。自分に全くない要素はなかなか書き難いのです。

具体例だと「10億円の宝くじに当選してお金持ちになった。ありがとうございます」と書く「だけ」です。笑。

とはいいましたが、書けば叶うデスノートのようなものではありませんので叶わない事が当初は多いでしょう。

では、なぜ「叶う」「目標達成できる」といわれるのか,,,

それは「書く=行動に移す」という流れを無意識・有識の中で行うからです。

前述の宝くじに当選するには、まず「宝くじを買う」行動がなければいけません。これはとても簡単に答え(するべき行動)が分かるものですが「起業して成功しお金持ちになった」という理想をもっている場合、リストに掲げるのはかなり複雑になります。

宝くじを買うことで買わないよりほんの1%程度の「当選確率」が上がります。

理想を現実にするにはこの「小さな達成を積み上げていく」しかないのです。少なくとも宝くじを買わずに願う人よりも確実に一歩、理想(当選する日)に近づいて現実(当選してお金持ちになる)になる可能性を秘めています。

このような世の中の多くの人が同じ望みを持ち、運やタイミングも左右する「宝くじ」においては達成するのは長く辛い道のりになります。

大きな目標ほど難関でハードルが高いから簡単ではないのですが、少なくともリストアップすることで認識下に置き、絶えず宝くじを買い続けるという継続的な行動に結びつき、当選確率をキープしつづけることができます。

この例題は大きすぎるところですが、もっとリアルな理想や夢があると思います。

❌ダイエットして●kgになりたい
⭕️正解の書き方
→ジムに入会し食事制限と共に3ヶ月で●kg落とした。

❌仕事で●がしたい
⭕️あのポジションに着きたいから自己流で勉強し▲の資格とって認められ抜擢された。

もうお分かりでしょうか。ダイエットならばまずはジムに入会するという行動に。望むポジションにつきたいなら資格をとる勉強をはじめる、というように自分自身の行動を促すのです。

具体的に書くというのは、自分自身の知見にないことは書きにくいものです。こうしたらこうなる、という現在持っている知識や経験上もっている中から絞り出します。

分からないにしても検索したり考えたりすることを自然に行動し(自分なりの)やり方を探し当ててしまうのです(でなければリストアップできない)

魔法使いが現れてスティックをふるって一夜でモデル体型を与えてくれた、なんて夢見ている人がいたらもっと別の問題を抱えています。笑。

誰に見せるでもない自分だけの「自分ノート」です。こんなの無理とか思わず壮大な理想や夢、リアルすぎる小さなもの、人には理解されないくだらないかも?の理想を遠慮なく書いてください。

ワタシもその時々でリストの内容は変化していきますが、理想は叶っても次々に現れ、絶えず追いかけていて「全部叶うといいな♡」と今もやっています。笑。

お気づきの方もいらしゃるかと思いますが「理想」といいながら実は「自分の課題」であり、それに対して自分で回答をする。まさに「自問自答」をしているに過ぎません。

ですが、方法やマインドの持ち方でそれが楽しい作業になったり、現実するための糸口を自分自身で見つけることができるのです。

ノートとペンがあれば簡単にできるこのワーク。習慣化して頂ければ「理想」を「現実」にできることが夢ではなくなると、ワタシは実体験をもってお伝えできます☺︎

タイミング

ワタシはこの「自分ノート」の書き出し、特に叶えたい「理想リスト」を月に1回おとずれる「新月」と「満月」のタイミングでやるようにしています。

新月と満月は女性のバイオリズムとリンクしていると古くから言われていますよね。生理のことを「お月様」なんて表現もありました。

後は単純に神秘的で女子ぽい好みな志向からの設定です。笑。例えば第一月曜日が好きならそのタイミングでも良いかと思います。

新月は今は空っぽでこれから満ちていくというイメージなので新しいことや挑戦に満ちたこと、叶えたいことを書くようにしています。

満月はいっぱいに満ちているものを徐々に空にしていくイメージなので、今あるものや認識しているものを手放すこと、悩みや課題などを書くようにしています。

少なくとも月2回、自分の理想や課題をリスト化しブラッシュアップ、再認識させることができ、よりクリアに意識下になって現実化しやすいと思っています。

その他、人との会話や本などで自分にとって必要な知識やマインド、心に響くフレーズを得た時に自分ノートに写し書きしています(ノートがない時はスマホのメモ帳に忘れないようにメモしたり)

個人的には新月満月の理想リストのノートと、内観・マインドチェンジのノートは別にしておく方が頭の整理や振り返り(反芻)し易いと思っているので2冊使っています。

私がどんな理想をリスト化しているのか、などの一部をnote(有料)にて公開予定です。



書くことの意義

これで単純に書き写す、書き出すというローテクに秘められた効果を少しでも感じていただけたのではないでしょうか。

机上で夢見て想像して欲張るのは基本、無料(タダ)です。誰に迷惑もかけてない上に文章化することで達成、実現し易くなるマインドになるならコスパの良いメンタルケアにもなります。やらなきゃ損です。笑。

そして「自分ノート」の良いところは自己啓発本などの長い序文や説明ではなくて、自分に必要と思われるワードのみを反芻しながらしっかりと覚え込む、マインドチェンジすることができるところにもあります。

人の記憶とは実に曖昧で虚い易く自分にとって楽で願う方に書き換えてしまうものです(心理学)

ブレずに間違いなく継続的に知識として積み上げたい場合は、短期記憶から長期記憶へ移行しなければいけない脳の仕組みがあり、その有効手段は「繰り返し見返すこと」だそうです。

だから素敵なマインドや言葉、こうありたいと思う姿を「自分のものにする」ために繰り返し、その言葉を反芻し、自分にとって大切であるということを脳に刻みこむことでマインドチェンジできるとワタシは思っています。(脳が知識として覚えるのとマインドがそうあるのは意図的にLinkさせないと、なかなか自分の中で生きづかない浸透しないとも考えています)

だから自分にとって必要とか心にひっかかる、なんとなく目につくなど何かしらHITしたものはノートに書き留めておき、繰り返し見直すことで「知識」として積み上げておくと良いと思います。今は大きく作用しないことでもタイミングによっては鋭く心に刺さって開眼なみの効果があるかもしれません。

自分のアンテナを信じて書き留めておく。
繰り返し反芻して自分のものにする。

この2点をオススメしたいです。

また、理想や夢を叶えるのは魔法で運でも外部要素でもなく。

自分自身

だと言うことを忘れないでください。

今ある毎日、人生は自分の「選択」「決断」で導かれたものであって親や会社、他者、外部要素ではありません。「自分」以外の理由にした方が精神的にはすごく楽ですが,,,これは「逃げ」「現実逃避」にしか過ぎません。

自分を変えるには自分しかいない

至極シンプルですがいつの時代も結論は一緒ではないかと思うのです。「願うことで叶う」と言うのは、マインドを変えてそういう言動に「自分が変わる」ことで取り巻く事態が変わっていくこと、と実感をもって言えるところです。

まとめ

簡単ですが以上がワタシなりの「自分ノート」の捉え方、使い方の一部になります。

2016年頃から熱心にやっていたこの「ワーク」今で言う「自己肯定」ですが、この頃に望んでいた環境を実現することが増えて段々とやらなくなっていました。

新月満月のリスト化だけはやるように努めていたのですが、自分ノートの反芻や「内観」「学び」について疎かになっていました。汗。

調子がいい時って甘んじてしまいますね。苦笑。だからコロナウィルスによる「自粛生活」で足元が不安定になりスコーンと虚無感に襲われ、苦しい思いをしてしまったのだと思います。

今思うと虚無感や先の見えない不安と焦りに襲われるという感覚が、この「自分ノート」というワークをやる前の2016年以前の自分の心境によく似ていたのではないかと思います。

そこからの脱出方法もあの頃と同じ手段「自分ノート」による自己肯定、内観、目標(理想)の明確化でした。

結果、こうやって自力でマインドチェンジができたし、むしろ自粛生活前よりも前向きに物事に対して捉えることができています。新しい目標もできました。

ワタシのメンターが「この不調は乗り越えてモノにするべきもの」と言ってくださったのですが、今はその意味がすごーーーく分かります。笑。

言いようのない不安やストレス、現実と理想とのもどかしさに襲われ、ちょっとやさぐれたり、悶々と鬱々とした気持ちを抱えてしまうことは誰しにも襲いかかることではないかと思います。

専門家でありませんが、ワタシがそんな時に実践し効果を得たものをご紹介させていただきました。参考になれば幸いです。

私が理想リストにどんなことを書いているのか?などの詳細?(といっても全部公開ではありませんが)はnote(有料)に書き綴っていこうかと思います。

またnoteでサークル(有料)を予定しています。記事の購入者対象ですがコメントやQAなどはこちらにてご対応させていただきたいと思います。興味のある方は今後更新されるnoteをご覧ください☺︎


ABOUT ME
usagi
usagi
YouTuber & Blogger。現代女性のライフスタイル提案。衣食住に「私らしく」生きていくレシピ紹介。