Mind

インプット&アウトプット

 

コロナウィルスの影響で仕事もプライベートも自宅で過ごす「おうち時間」が増えた方が多いのかな?と思ったりしますが,,,,,土日の繁華街は思ったより人出があって少しホッとしました。

もちろん感染拡大防止に努めたい気持ちはありますが、生活や街全体、日本の経済自体がどんよりと落ち込むのが長期間続くのは苦しいもの。マスク着用、手洗いうがい、健康的な食生活など個人で出来るレベルのことは対応しながらも普通の「日常」であるように過ごしたいと思っています。

コロナの影響前は管理職によってはテレワークを理解できない人、受け入れない人もいました。たとえ規定通りであっても申請時には背徳感や罪悪感を与えがちな言動が見受けられましたが、それがなくなりました。今は出来る人間はやってくださいと真逆の対応です。苦笑。コロナの影響は「新しい働き方」の強い後押しになったかもですね。。。

追加目標

少し前の記事でワタシの目標を書いていますが、その後、目標を1つ追加しました。それは「本を読む」ということ。

年々、読む本が少なくなってきているのが引っかかていたことや、この時代「無知は損をする」(この場合の「」とは金銭的なものだけに限りません。)と感じることがあるのです。これだけ情報が溢れていても「自分次第」であるところは揺るがず、ボーッとしていたら「置いてけぼり」になって、いろんなチャンスやメリットを逃しているのかもしれません……。

実際、2019年に深く調べたりせず考えずにやっていたがボロボロと出てきて自分の愚かさを後悔しました……それもあって、2020年は時代の波にサーフィンほど上手にのれなくても、浮き輪をつけてプカプカとのんびり浮かんでいたい。時折、バタ足で急ぐこともあれば、疲れたら休んで波に身を任せるとか、そんな感じでありたいと願っています。。。

知識や情報はネットでも得る事ができますがワタシは「視る」のではなく「読む」ことで「思考」したいと思っています。得た情報を自分なりに「咀嚼」して「自分のもの」にしたいのです。

だからネットより余韻のある紙媒体の「」というものを使う方がワタシには適していると思っています。紡がれた文字からさらに自分の想像力を駆使して自分の中に刻むのです。それがいつしか「自分の思考」となっていく。この情報や知識の「精製」または「自分フィルター」で「濾過」されたものを手にいれるには「」が(ワタシの場合)適しているのです。

ということで足繁く「本屋」に通っていろんなジャンルの本を読むように努めはじめたところです。早々に面白い本をいくつか見つけたので読み終えて総評ができる段階になったらBlogか動画でレビューしたいと思っています👀

この時期であれば自宅で過ごす時間を増やし感染予防に努めるということを求められていますから「おうち時間」の過ごし方の1つとして家でじっくり本を読むと言うのは良い過ごし方ではないでしょうか☺︎

インプット

今まで読んだ本の情報、知識は「記憶する」という生まれて持ち合わせていた「自分ノート」に書き込み刻んできました。ですが、年々増える情報量や目の前の興味あることに大容量を使ってしまい「今すぐ」ではない知識や情報はいつしか褪せてしまい、読み取ることもできないほど薄れて「無い」も同然になっていることに気付いたのです。

そんな中、参考にしている美容家さんが読んだ本の感想などをノートに書きまとめているとの投稿を見て「あぁ、なるほど。うんうん。」とアナログで新鮮味はないかもですが「まとめノート」を作るのは良い方法だと思いワタシも取り入れることにしました。

自分にとって必要な知識をまとめた一冊があれば、本自体は断捨離や再利用で売っても良いし、興味のある人に譲ってもいいから、良い循環になりそうです。



アウトプット

インプットが出来るようになると「アウトプット」をしたいもの。自分の生活に活用することも「アウトプット」になると思いますが、ワタシは自分のメディアをもっているので(今は誰でも持てる時代ですが)この「まとめノート」を軸にワタシがライフスタイルにどう活かしているのか、その効果や実感などをBlogや動画で公開したいと思っています。

もしかして「なぜ発信活動をしているのか?」という問いには、これがシンプルな答えなのかも知れません。自分の中で「インプットされたものはアウトプットしたくなる。」という衝動や性みたいなモノ、なのかもしれません。

例えばテレビやSNSで見聞きしたこと、本や雑誌から得た知識を誰かに話したくなったり、会話のネタにしたりすることってよくあると思うのですが。この流れと一緒のこと。これまではリアルで顔を合わせて親しい人と会話することでアウトプットしていたことが、今はSNSなどを利用して全世界に向けて可能になった、ということなのですかね。(対象が広くなるほどアウトプット感が上がる⬆︎)

ですが、対面での会話、もしくは親しい人や知人程度であれば「誤解」も少ないのでしょうが、顔も見えず、その人の人柄、生活環境も未知なネットの世界では「伝わらない」ことがどうしても出てきてしまうようです。。。



弊害と覚悟

発信活動を続けるとフォロワーさんや視聴者さんが徐々に増えてきます。それは発信の「手応え」だったり「実績」にも捉えられるので嬉しいもの。ですがその反面、注目度が上がり、認知されることで必ず出てくるアンチ行為や誹謗中傷する人間に悩まれてる方もいらっしゃるので、参考までにシェアしたいと思います。詳しい内容はTwitterをご覧いただければです。

最近は大きな発信活動ではなくても、個人の記録としてのInstagramやBlogにさえ被害があるようです。今だにIPアドレスを理解してない人が複数人になりすましていたり、加害者が知人というのも多いようで驚きます。

少し前に話題になったコチラの件も進捗があったようです。

加害者の二人はどちらも年齢的には良い大人。良いこと悪いことの分別がつくはずなのに,,,というのが第一印象でした。

好き勝手言われてしまうのは「発信活動」につきものになっていますので、これが嫌なら発信自体を辞めてしまうしか今のところ大きな手段はないかと思います。なので多少は「発信の弊害」として「覚悟」をしているもの(するべき?)です。(これもおかしな話ですが。)

しかし、度が過ぎてしまうと法的に対処せざる終えません。感情面からもですね。(この程度の誹謗中傷で訴えるなんて、というのは加害者の奢りです。どんな言葉で傷つくかは被害者によって違います。)「匿名性」と「発言の自由」を履き違えている人を罰する法整備に期待したいです。

こちらも話題に,,,,,芸能人でなくても自宅特定されて掲載されるのは気持ちの良いものではありません。

 

ワタシはエゴリサーチをしていないのですが,,,,,恐らく調べたら加害者となりうる人がいらっしゃるのではないでしょうか。今はその時ではありませんが必要時にはしっかりと対処していきたいと思っています。(無断転載(有料無料)OUTだと思います。)

偽物防止のためにメディアでは共通IDを取得するようにしていますがTwitterは別の方に取得されてしまっています。全く無関係な方なので誤解の無いようにお願いします。ワタシの視聴者さんかもしれませんが全く関係ありません。

まとめ

これからもっともっとネットやSNSが便利に生活のあらゆる面で浸透し基本となる時代で、どこにいても何をしていても「自分」をもっていること「矜恃」があるか否かで良くも悪くも変わっていくのではないかと思うのです。

これはネットが普及する時代から言われていることでもありますが、現代社会はさらに必要とされる時代ではないかとワタシは感じています。

世の中は平等」という親や学校が子供を前向きに育てるために囁いたまやかしのような言葉が洗脳に近く脳裏に焼き付けられているせいかもしれません。

ですが、、、現実は悲しいかな「世の中は不平等」で時に「理不尽」なものです。社会の方向性は(一応)平等な世の中になっていますけれどね。実際は「格差社会」と言う方が的確なのかもしれません。

スタートから「不平等」そう認識した方がワタシはずっと心が穏やかになります。苦笑。それはネガティブ思考ではなくて「事実」として前向きに?受け止めています。平等なのは「一日が24時間」という「時間」だけです。

そんなことを言うとお先真っ暗で落ち込んでしまいそうですが,,,,,現代社会の良いところは、その不平等な中でも自分の理想や今より良くもっていけるように努力することで(幾分か)報われることがあるという事です。

出生は違っても夢や理想を叶える人はたくさんいます。その多くの人が「自分」をもって信じて努力するという使い回しされた地味な手法をやっているようにワタシは感じます。この複雑な現代であっても「答え」は案外シンプルなのではないかしら☺︎

だから凡人のワタシは頑張ろうと思うのです、シンプルに。笑。インプットアウトプットを繰り返しながら、自分なりに「後悔のない精一杯の人生」を、「自分の選択と決断」信じて一生懸命生きていこうと思っています☺︎