Mind

未来を手繰り寄せる考え方

 

スーパーでお買い物をして、
レジに並ぼうとして見渡した時、
ふと不思議な感覚にとらわれました。

5つのレーンがあって、
それぞれに人が並んでいます。

店員さんがさばけるのか人がたくさん並んでいるレーンもあれば、
人は少ないけどカゴが食品でいっぱいな人が並んでいるレーン、
並びにくい配置のためか人が少ないレーン、、、

どのレーンを選ぶか自分次第。
理由もさまざまで自分次第。

多少並んでいてもさばける店員さんの方が結果早いよって思う人もいれば、
新人だけど順番は二番で待ちが短いからイライラしなとか,,,

つまり選択肢は無数あって、
それをどういう理由で選ぶかは自分次第なのだと。

結果に到達するためのプロセス、
選んだ理由も自分が納得しているのであれば、
きっと心地よいのだと思いました。

そんなことを考えていると思い出したのが、
虚構推理というアニメで九郎さんが「くだん」という妖怪の未来を自分のものに決定できる能力を使う印象的なシーン。

葉脈のように幾重にも別れた道を手繰り寄せて、
1つの未来を決定するのです。

未来はいくつもの可能性の先にあって、
1つでなく、
手繰り寄せてつかむという行動から決定されるわけです。

この原理ならば、
実は私達も普通に「くだん」の能力を有しているのではないかと思うのです。

未来を見ることや占うことはできないけれど
日々の選択肢がいつくもある中で
自分で選択し決断して、
未来を手繰り寄せているのではないかと。

この意識をもつだけで毎日、人生が、
変わると思うのです☺︎


ABOUT ME
usagi
usagi
YouTuber & Blogger。現代女性のライフスタイル提案。衣食住に「私らしく」生きていくレシピ紹介。