Mind

虚無感からの脱出方法

 

新月🌚の昨日、Blogを更新したかったのですが,,,珍しくインプット作業などで忙しくて追いつきませんでした💧

ようやく落ち着いて「自分」を取り戻せてきたので冷静に分析、分かることで言えるのですが,,,ワタシ、鬱とまではいかないけど「コロナ疲れ」による「コロナ病み」とでもいうか、心身ともに疲弊していたように思います。

5月になり張りつめていた糸がプツンと切れたような気持ち、心情に陥りました。自粛生活のストレスというか(完全にストレスですね)モヤモヤ~っとしてどこか空虚な気持ちに包まれる日が増えてきました。きっとコロナ疲れ自粛疲れなんていうマイナスなことが一気に押し寄せてきてるのかなぁ~って推測はしていたけれど、どこか軽視していたのです。

でも、思った以上にワタシは弱くて重症でした。

動画にも影響が出て発言が「やさぐれ」はじめました💧きっとご覧になった方も「はぁ?」と思うような不快な印象を与えてしまったかも知れません🙇‍♀️ 今思うと無理せずに動画も休めばよかったのでしょうが勝手に義務感や使命感を持って無理して更新していたように思います。

それからコミュニケーション不足のせいでしょうか。話そうと思うことが上手に伝えられず逆に誤解を生む表現になっていることも増えました💧 編集時も主観が強くて気づかずに公開になっていたり,,,だから今は気が向かない時や調子が悪い時は動画は撮影、編集、公開していません🙇‍♀️

アフターコロナの今、新しいライフスタイルや価値観を築く時なのかと思います。

でも、頭で分かっていても未経験で手探りで一からの構築。先行きが不透明だからこそ不安も強くなる時があります。だからせっかく作り出した今までのライフスタイルを取り戻そうとしたり、放したくない気持ちも当然あって,,,葛藤が知らず知らずのうちに深く蝕むように「自分の中の何か」を狂わせていった気がします。

とは言え、賽は投げられたのです。嫌だ!無理だ!と言っていても何も変わらないし、むしろ考えることや向かい合うことを放棄したり逃げていても事態は変わらないどころか悪化してしまうので,,,意を決して向かい合うように努めだしました。

もしかしたらワタシと同じような心情にある人もいらっしゃるかも知れません。自粛生活でワタシが体験したメンタル状況や回復方法をシェアすることで、誰かの共感になって安心したり、励みになったり、不安からの脱出の手がかりになれたらと思います。

迷走

今思うと,,,,,なのですが。ワタシ、4月の終わりあたりからジワジワと。5月は確定的に「迷走」していました💧自粛生活という今までに体験したことのない出来事にあまりにも無防備だったのかと思います。(でもきっとミンナもそうだよね。未体験で手探りだよね。。。)

少しずつ蝕んでいた気持ちの変化や鬱々と悶々としたストレスを上手く発散できずに自分の世界に、主観に入りこんでいたように思います。

5月になってもはや無視できないほどの影響が出てきました。ここに来てようやく気づく感じです。具体的なところの説明は難しいのですがメンタル的には深海に漂って浮き上がれない、息つきすらできないような息苦しい、そんな状況下に身をおいていた感じです。苦笑。(分かり難い???)

やることなすこと裏目にでたり、自分の思いと違う方向にいってしまったり,,,と気持ちの影響が外へ漏れ出した感じです。大声出したり?とかイライラという怒りや熱量のあるものではなくて、やる気が失せて何もかもが面倒になるという外より内への症状だったと思います。

このままではヤバイ!とさすがに思い(まだ思えるぐらいのメンタルはありました)回復へ向かって動き出しました。



停滞

そもそもリズムを崩したキッカケや限界が来たのは4月25日からGWを迎えた頃にあったように思います。

仕事」という自粛生活の要になっていた軸がない状態での自粛生活を長期間体験することになり、一気にタイムスケジュールが狂い出しました。何もする必要がない引きこもりの毎日が長期間訪れたのです。(GWは働き方改革とコロナの影響で長く設定されていました💧)

1日の稼働が少ないから疲れない、眠気もこなくてダラダラと夜更かし。深夜まで映画やアニメをみてソファで寝落ち。途中起きてベッドに潜り込む、という生活が続きました。下手すると二度寝ができなくて数時間、明け方までベッドの中でモソモソと眠れぬ時間を過ごすことも珍しくなく,,,

完全に「何か」が狂ってきました。

自炊すら面倒だと思うようになり、でも毎回UberEatsするわけにも行かず、スーパーやコンビニに行くのが億劫だから嫌嫌で自炊をして適当なご飯を食べる。雑に作ったものは雑な味しかしない訳で,,,美味しくない、味気ないと思うから余計に自炊が嫌になるという負のループに突入。

なんとか脱出したくていろんな本を読み漁ることに。それでも気持ちがなかなか回復しませんでした。もしかして「五月病」ぽいところもあるのかもです,,,もともと3月の決算、4月の新年度が過ぎた頃の5月は虚無感、喪失感が強くなるタイプなのでコロナ疲れと相まってかなりの不調、停滞期に突入しました。

GWが終わっても在宅勤務だから8時に起きても間に合う訳です。クタクタのルームウェアであろうが、ボサボサの髪にスッピンだろうが、クマやムクミがあろうが誰の目にも触れないからルーズさが外見にも生まれました。

深夜や明け方までダラダラと夜更かしをしていようが寝不足の朝を迎えようが,,,「何とかなる」という変な自信のようなモノまであり「横着」と「自堕落」な生活が始まりました。

影響

長くYouTuberとしてやっている「」で動画の発信だけはしなければ、という変な使命感や義務感が強く残りなんとか撮影や発信をしていました,,,,,が、当時は発言や雰囲気がやさぐれてるいる印象です。今思うと無理して撮影したりしなくて休めばいいのにって思います。でも、その頃は「やらなければ」と自分を追い込んでいました。

撮影はほとんどアドリブで原稿を書かずにその場で思いや考えを伝えることがほとんどで割と長い撮影をしています。それでも上手く伝えられていないし、誤解を生むような表現、言い回しをしていたりして、、、編集の時も客観性が消えているので気づかないという始末。。。涙。これは後々自分を凹ませる自傷行為に近いものでした💧

人との直接的な会話も減っているので「喋り」になると会話力?語彙力が著しく低下しているようです。脳みそも不規則な生活や睡眠不足もあってかまわっていない感じです。

そのことに気付いてからは毎日更新とか無理やり頑張って公開しても「やさぐれ」ているし、粗が多くて気になるので,,,「更新しなければ!」という「勝手な気負い」をリリースしてのんびり更新へ切り替えています。

タイムスケジュールを作る

幸い「このままではいけない!」という危機感を持つことが出来たので努めて今のメンタルや状況を認識し、回復するために取り掛かりました。

まずは「不規則な生活を改める」というシンプルな手段です。そんな「ありきたりのこと」と思うなかれ。これが思った以上の好転ポイントでした。「健全な精神は健全な生活に宿る」わけです。

ワタシが作ったタイムスケジュールはこんな感じ。肝心なのは起床時間と仕事終わりの過ごし方、就寝時間です。その間は時と場合により小さな変化がありますのであまり決め込まず、です。

7:00 起床。自然とこの時間に目が覚めるのが理想。
7:30 身支度を整えてバルコニーで太陽と外気に触れる。
(朝を感じる目覚めの儀式、光合成?笑)
8:00 朝食や朝家事
9:00 仕事開始
・1時間に5分程度の休憩や背伸びをする
・場所もダイニングからソファや床に座るなど移動をする
・お茶を飲むなどのリラックスを設ける
12:00 ランチを作り、食べる
・体重増加が気になるので気持ちが落ち着くヘルシーランチを考え、
それを繰り返し食べることにしました。
・余裕があって調子が良ければ動画の撮影や編集をする。
13:00 仕事開始
15:00 休憩、お茶などちょっと長めにとって気分転換。
17:30 仕事終了
・スマホにアラームをかけて区切りを持つ。
・残業はしない、就業時間内に終えるよう努力する。
18:00 夕食作り、食べる。
・気が向いている時は食事前に室内エクササイズ。
でも不調や気分が向かない時は自分を追い込まずにやらない選択を。
19:00 自由時間
・撮影、編集などYouTuber活動(無理しない範囲)
・動画やテレビを見る
21:00 お風呂
・スマホにアラームをかけて必ずこの時間に入る!
これが早寝のポイント。
パジャマに着替えて歯磨きまで終えておき「睡眠導入」をする。
23:30 就寝
・スマホにアラームをかけて強制的に「寝」に入る。
ちょっとだけとかダラダラせず眠くなくてもとりあえずベッドへ。

平日はこのタイムスケジュールをルーティンにしました。土日は仕事がないので撮影や編集に注いだり一日中映画みたり(笑)とちょっと違いますが。平日をこのタイムスケジュールにすることで「睡眠不足」も解消され「健全な生活」へシフトできたと思います。

始める前は「こんな単純なことで,,,」なんて軽んじていたのですが。意外や意外、特に仕事終わりから就寝までの間が自由すぎてダラけて不規則になる原因になっていたので、ルールを設けることで改善でき効果がありました☺︎



本を読む

これは好転ポイントでもありますがワタシの場合は有り余る自分時間の過ごし方や潰し方、という要素が高いところでもあります。

本やSNSもですが世の中には(当たり前ですが)いろんな人がいて素敵でいろんなジャンルで得意で生業としている方がいると感じます。自分では思いもつかないアイディアに感心し、絶対生まれないであろう美意識に感嘆し、自分に持ち合わせて無い魅力や雰囲気にため息をつく。。。

そして、自分も少しでも近づきたいし努力したいという前向きな気持ちが生まれます。ワタシは自然と前向きになりますが、逆に後ろ向きになってしまう方もいるかもです。キラキラしているとか素敵だなぁと思うこと、羨ましいと思うことを自分にとって前向きにするか後ろ向きにするかは自分次第でコントロールできるとワタシは思っています。逆をいうと自分で決めてしまっている、ということですね。(長くなるので別の機会でお話できたら、と思います。)

本から得られるものは大きくて素敵なアイディアがあったら取り入れたり、アイテムチェックをしたり,,,急に模様替えや断捨離、暮らしの見直しができます。結果、自分が落ち着く心地よい環境が整うのは心身ともに良いことだと思います。

特にご紹介済みですがこちらの本は収納、整理整頓、インテリアを考える時にとても意識が研ぎ澄まされていくのでオススメです。

created by Rinker
¥1,320
(2020/07/08 13:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

心地よい空間を得る為の「産みの苦しみ」で断捨離や処分を経験しなければいけないことや、そのことを咎める人が必ずと言っていいぐらいに周囲やネットにいますが。そんな人とのリリースの仕方も書いてあります。

ワタシが本からの影響で手放しリリースしたことや得たことをいくつか書き出します。
・好みのインテリアをサンプリングして自室のインテリアをシンプルにした
・家事効率化で気になっていたシンクした収納を改善した(動画化済み)
・1年以上着てない服を母経由で人に貰って頂いた(売るのは苦手)
・使ってないコスメを母や友人に貰って頂いた
・器の見直しをして使ってないもの勢いで購入したものを友人に貰って頂いた
・過剰ストックの品々を見直し人に貰って頂いた
・料理の基礎や便利術、ストック術を学び直した
・あまりの手放しの多さ=自分の愚かさを痛感し購入に関して慎重になった

初心にかえる

これはワタシにとって最大の好転ポイントでした。早くにやっておけばよかったかなぁ〜とも思うのですが渦中の時は視野が狭くなっているので段階を経て気づいたことです。

ですがワタシのメンター曰く、この「コロナ病み」の「不調な期間」はワタシにとって「必要でどうモノにするか」が今後に関係する重要なターニングポイントと言われました。そう言われると辛かったけど乗り越える糸口を見つけたところもあって「必要悪」的に捉えることができています。笑。

ワタシが初心にかえる方法は過去の「自分ノートを見返す」です。満月と新月に自分の理想や夢を棚卸しするほか、自分の理想を実現する為に何をどうしたらいいのかを綴っています。始めたのは2015年頃からで2016年は熱心にやっていまいした。でも最近はご無沙汰。。。

当時のワタシは現状に満足できず不満が強く、でも理想を高くもって生きていたように思います。ですが、どうしたらいいのかも分からない。「現実は厳しい」と嫌というほど感じて、でもそれを完全に受け入れて諦めるというのはしたくありませんでした。

とことん抗うことで諦めも自分への言い訳もできるかなぁーと思ったところもありました。「やらないで後悔するよりやって後悔する方が幾分かマシ。少なくとも経験値は上がる。」と思うタイプもあって手当たり次第にいろんなことをリサーチにしてはノートに書き写していました。

そして実践。自己啓発系のワークと言われるものを自分のノートでひとり、やってみたり。成功者の言葉や語られるポイント、何気にみたネットの名言などもランダムにキチキチとせずに思いのまま書き綴っています。いきなり次のページから全く違う話題になっていたりとかなり自由な作りですが、ワタシ専用なので理解できたらそれで良いのです。

だからこの「自分ノート」は世界に一つしかない自分専用の自己啓発本になっています。笑。

今で言うと「自己肯定」というのを熱心にやっていた時期ではないかと思います。そしてその期間を経たことで自分が望み欲している生活や理想のビジョンが明確化されて、そこに向かって仕事を頑張って異動願いをするなどの具体的な行動へと結びつきました。

難しい仕事も未経験の仕事も嫌がらず断らずやってみてたら案外スルリとやれたり、おかげで経験値が上がり仕事の幅が拡充され評価を頂けたり,,,で望んでいた仕事のポジションや一人暮らしをスタートできる機会を得ることができました。

結果的に当時のワタシが望んでいたことの現実的な理想の多くが叶うようになりました。(壮大な夢は叶っていません。世界一周旅行したいとか。笑)

ワタシが今回「自分ノート」を読み返して得たのは、当日の熱量の高い渇望とか理想を追いかける自分との対面もありましたが一番は「現状への感謝」でした。

例えば「在宅勤務」を基本にした働き方をしたいとちょっと前まですごく望んでいたことです。ですが手に入れた今はそれをすぐさま「当たり前」に標準設定にしてしまっているように思います,,,だけどちょっと待って、その環境、ずっと欲しかったよね?手に入れられた今を喜んで感謝しようよ!そんな簡単に当たり前にしちゃダメじゃない?という感じです。

その環境になればすぐに順応して「当たり前」の感覚が生まれるのは生きていく上で必要な「順応力」なんだと思います。だけれど、それが過信や奢りにしてしまうとその先が生まれない気がしています。「今あることをに感謝をしてその次を目指す」それをするだけで自粛生活での「コロナ病み」が緩和されたました。

自分ノート的なものを持ってない方や自己肯定をしてない方は時間のある「」やってみると良いかと思います。自分のことは自分と対話しなければ、対面しなければ解決しないと思います。他人のせいにしても、親に文句をいっても、上司や会社のせいにしても、きっと「」は変わりません(自己肯定の方法はネットで検索したら出てきます)

話が長くなりましたが「過去の自分と対面し現状の環境に感謝すること」でかなり楽になりました。そして過去を振り返った時に「昔が良かったなぁ〜」ではなく「今の方が良い、好転している」と思えたことに喜び、感謝しました。そしてまたいつか振り返る時に同じように思えるように1日1日を大切に刻んでいこうと思うことが出来ました。

ようやく以前のような前向きで明るいマインドに戻せた瞬間です☺︎



インプット

テスト勉強の仕方って皆さんどんなやり方でしたか?ワタシは対象範囲の内容をひたすらノートにまとめて書いていき、自分なりの要点ノートを作り、ポイントを明確にして書きながら脳に刻んでいく、という感じの方法でやっていました。

口に出して連呼するとかでも良いのかもですが、繰り返し繰り返し、しっかりと意識化において反芻することで「自分のもの」にしていた気がします。

その名残りでしょうか、覚えたいこと大切なことはメモをとる習慣があります。今はスマホのメモ機能でサクっと認識化に置くことが多いのですが。

今回は重症だった為、初心に返りしっかりと指が痛くなるまでノートに書き綴りました。自分との対話の結果やネットで検索した知識や見解。メンターにアドバイス頂いた内容、時に占いすら書いてみたりして「もう書くのが疲れた,,,」と思うところまでやり切っていくうちに、だんだんと気持ちが明るく前向きになってきました。

これが「自分ノート」になるので、また心が折れてしまった時、空虚な気持ちに包まれて前向きになれなかった時にワタシを助けてくれると思います。

そして今回、数年振りの自分ノート更新となってしまったのですが、もっと期間を設けて頻繁に棚卸しをした方が良いと感じています。

現状

緊急事態宣言の解除を受けて徐々にビフォーコロナと同じ景色が戻りつつあります。もちろん完全に戻ることはできないし、コロナと共に生きる世界で生きていくわけで感染の危険性がなくなったわけじゃありませんが,,,それでも欲しいものを買いに行ったりなどが可能になっただけでも物理的に少し楽になりました。

ワタシには「コロナ病み」はキッカケに過ぎず、それ以前から霞んで見えなくなっていた足元を明確して、現状をしっかり確認にする必要があったのだと思います。そのことに気づいていなかったのかと。。。

今回、しっかりアウトプットインプットすること、そもそも自分と対面して考える時間をもったことで前向きな気持ちで毎日を過ごすことができるようになりました☺︎

ワタシのメンターが言ってくれた「必要な不調」というのは、こういう事なのかも知れません。

そしてコロナは恐ろしく憎むべき未曾有の出来事です。ですが結果的にワタシに漫然と流されて生きつつあった「毎日」の「当たり前」に感謝する気づきと「当たり前と思ってはいけない日常の儚さ」を教えるカタチになったように思います。

もしワタシと同じような空虚で言いようのない満たされない気持ちや漠然とした不安などを抱えてるいる人がいたら,,,ワタシの体験や対応になりますが参考になれば幸いです☺︎

余談

ここまで回復するにはワタシもちょっと苦しかったし、その間にアンチ行為で震えて末端が冷たくなることもありました。もっとメンタルが不調で即削除申請ではなくてそこに集った毒々しく禍々しい人達の悪意を全身に浴びてしまったら、と思うと怖いです。

ちょうど回復したタイミングではあったけれど、ネットの誹謗中傷で亡くなったと言われる方のニュースを見て「他人事」ではないと思いました。アンチ行為、誹謗中傷は「指で人を殺す」と言われています。軽い気持ち、これぐらい誰でもやっている、というようなモノかも知れませんが、、、

貴女のその指が人を殺し、殺人者となっていることがあり得るのです。汚れた手でどんなに繕っても最新のコスメでメイクをしても綺麗にも素敵にも見えないし、その手で作った料理は美味しいとは思えない、と思うのです。

その感情、その道、その人生を選んでいるのはワタシではなくて自分自身だと早く気づいて欲しいと思います。

今回の件でメンタリストのDaiGoさんが積極的に動き出されていて頼もしい!結果を見守りたいと思います。アンチ撃退法のノウハウもシェアしてくれると期待しています。