Blog 言葉を紡ぐ価値

 

大好きだったフリーペーパーのコラムが
最終回を迎えてとても残念に思っています。

 

切り抜いてスケジュール帳にはさむほど、
心に響く言葉を紡ぐ方だったので、、、
とても残念。

 

こんな風に心に留まる言葉や、
心に刺さったトゲを抜いてくれる言葉を
紡げる人を尊敬します。

 

言葉といえば、、、
先の記事で通告いたしましたが、
Blogが転載、転写されてることを教えて頂き、
正直、気持ちの良いものではありませんでした。

 

アンチが広告費を与えたくないという
単純明解な気持ちからでしょうけど。

 

思いのまま綴っているこのBlogも、
その影響度や私の歪んで偏った価値観ではないかと、
それなりに吟味し、公開しています。

 

賛否両論あってもこれが私の思いであり
考えであり、発信したいことだと、
小さな勇気と大きな不安の中で世に出すことも
あります。

 

締め切りも何もないけれど、
産みの苦しみやその影響度に苦慮することもあります。

 

そんな思いがあるからこそ、
無断で転載、転写されるのは悲しいことです。

 

でも、そんな違法行為をしてでも、
私の粗さがしが目的だとしても、
どんな目的であれ、、、

 

否定できないのは、
私のBlogを楽しみに愛読している
という事実。

 

否定してもそうなのです。
だって言動が物語っています。
愛読者なんです。

 

カタチは歪んでいるものの、
「読みたい」という衝動を抱かせてる時点で、
私はBlogを書く価値があるのだと思います。

 

そこに広告費がなくても、
私のBlogを読みたいという気持ちが、
私の活動の本来の価値です。

 

転載転写はこれからも続くだろうけれど、、
あなたの心の中にある、
「私の紡ぐ言葉」と「私」への関心が
これからも続いてくれるよう頑張ります。