ACT  大断捨離祭り

 

GWにやりたいことリストに載せていた収納見直しを

暇を見つけてはちょこちょこ対応しています。

 

それにしても、どうしてこんなに荷物が多いのか。

嫌になってきました。苦笑。

 

引っ越しの時に断捨離しましたが、

即決できる捨てるものが少なかったので、

ほぼ必要なものなのかと勘違いしたけれど。

 

さらに厳しい目で見直すと、、、

ビミョーなものがたくさんありました。汗。

 

今回は心を鬼にして、

勿体無い精神を対価、価値にシフトし、

選別しました。

 

新居の方が収納は拡充されましたし、



そこから溢れているわけではないのですが…

 

ミニマリストになりたいわけでもないし、

物欲の権化みたいな私がなれるとも思えないけど、

その真髄や主旨は非常に共感できるので、

私なりの咀嚼をして生活に取り入れたいのです。

 

ライフスタイルを豊かにするために、です。

 

まずはクローゼットが満杯で切実な洋服を断捨離。

 

・この1年、手に取らなかったもの

・サイズが変わり着にくいもの

・着倒してくたびれたもの

・好み、時代が変わったもの

 

この点で厳しく選択してみました。

 

購入金額が高かったものなどは躊躇しがちですが、

「ずっと着てない」と言う事実を重視し、

思い切って捨ててしまいます。

 

ちなみによく「売ったらどう?」と言われますが、

いつ売れるか分からず保管し続けるのがストレスですし、

新品ならまだしも着用歴があると、

それはそれで気になるので、もう捨ててしまいます。

 

寄付などするには素材などが繊細だったり、

家で洗えるようなものが少ない為、

その手段も選択していません。

 

一応、母にはいるか?と聞いていますが、

サイズが違う、派手すぎるなどのこともあり、

あまり受け取ってもらえない事が多いです。汗。

 

また、思い切って捨てるという衝動にならないと、

手放せないと言う気持ちの問題もあります。

未練も一緒に断ち切る感じですね。

 

そして大量のキッチングッズ。

 

・新居で使えなくなったもの

・3ヶ月以上使っていないもの

・飽きたもの(統一感の邪魔をしたもの)

 

キッチングッズは母が引き取ってくれることが多く、

大変助かっています。苦笑。

 

 

旧居で使用していた二段式の水切りカゴは、

新居では圧迫感が強く、設置場所もなくなりました。

母に譲ります。

 

それからiwakiの耐熱ケース。

 

ほぼ野田琺瑯メインになっており使用頻度が降下。

使ってもいいけど…

デザイン的にキッチン収納的に野田琺瑯がベストの為、

検討期間をもって、不要と判断しました。

これも全て母に譲ります。苦笑。

 

実はまだまだキッチングッズはある。。。

 

秋にタルトタタンを焼く為の焼き型、

たまーにつくたいキッシュの焼き型、

バレンタインデーのシリコン焼き型、

 

お菓子作りは趣味ではないけれど、

ふいに作りたくなったり、

年1回レベルの使用頻度だけど、無いと困る。

と言うことで結局、残しています。

 

IHで使えなくなったけど卓上コンロで使える

土鍋とかも残留。

こだわりの名工の品だったり、

次に住む家がガス火の可能性も高いですしね。

 

これらに比べて本の断捨離は比較的スムーズです。

 

・3ヶ月以上、開いていない本

・興味が薄れた本

・レシピ本は気になるレシピだけ切り抜く

 

ただし知識とセンスを与えてくれる本を、

制限しすぎたり粗末にするのは嫌いなので。

*コンマリさんが米国で炎上しましたね…

 

過去に何度も読み返してボロボロになったものは、

取っておくことにしています。

主にエッセイや写真などです。

 

レシピ本などは習得したら捨てれますし、

気になるものはスマホの写真におさめておくのも手段。

 

本丸々1冊が気になるというより、

好きな数ページにひっかかることが多いので、

その時は切り抜きます。

 

SNSで情報を得られるようになって、

所謂雑誌はほとんど買わなくなりましたが、

どうしても気になる記事がある場合は購入後、

切り抜いて、全部見倒して、すぐに捨ててしまいます。

 

昔、雑誌が大好きで月に何冊も購入していた時、

たまりにたまった雑誌の山を処分するのが大変で、

もうこんなに貯めないと決めました。苦笑。

 

山になるとめちゃくちゃ重いです、雑誌。

 

思い切った大断捨離祭りのあとは、、、

 

1in 1out

 

を基本にしたい。

 

そして、今回は見送ったものも月単位で見直しをし、

やっぱり必要or不要を随時、見直していきたいです。

 

制限すぎても嫌ですが、

制限がなさすぎても嫌なので。苦笑。

 

自分なりの判断と距離感、塩梅を大切にしたいです。