100  百均の落とし穴

 

4月になり新しい生活を始まる方も多く、
引っ越しやインテリア改善が目に留まりますね。

 

が、見れば見るほど・・・
動画もSNSも百均が溢れている~って思いました。
あらためて、ね。

 

もちろん私もお安くて便利アイテムが多いから好き。

 

だけど、、、
必要なのかも吟味されずたくさん買っては捨てる、
を繰り返しているのではないか?と感じてからは、
買うものも頻度も少なくなり、スッキリしました。

 

そもそも過剰収納、過剰包装的な傾向も強い。
あと過剰ストック。

 

収納を良くする為なのにマトリョーシカみたいに、
箱の中に箱が多くて・・・
肝心の収納物より外側の収納ケースが拡大し、
ただでさえ狭い日本の住宅事情を圧迫してないかな。

 

安いとか、まとめ買いと言うことで、
過剰ストックが収納スペースを圧迫してないかな。

 

「余白」って大切だと思う。

 

本来ならばとるはずの余白である「隙間」が「悪」
かのごとく、必死に埋め込みたがる。
シンデレラフィットという言葉が魔法をかける。

 

「白」と言う色を選ぶことで余白をとったかのような
錯覚になる。
でも、実は物がビッシリ並んで中まで入っている・・・

 

最大の主旨は「スッキリとした印象」ではないかしら。

 

だったら買うものを吟味し、兼用度を重視した方が、
物も減って「余白」が作れるし、お財布にも優しい。

 

住宅事情や国民性もあるのかもしれないけれど・・・

 

今のブームをちょっと冷静にみると、、、
テイストが似ていて誰の家すら分からにないような
「流行り」にのった収納になっているような・・・。

 

私は、、、
自分がこういう印象(見た目)にしたいという願望と、
便利な導線を考えて収納改善したいと思っています。

 

もちろん一切、百均アイテム無し!とかじゃなくて。
*振り切った捉え方ではないです
ケースバイケース、きちんと考えて賢く使う。
を大切にしたいなぁ、と思いました。

 

流行りのパワーは強いけれど、、、
流行りゆえに飽きも早い。
誰かにのっかって完コピするとなお、飽きも早い。

 

インテリアの奥深さを楽しみながら、
自分らしいライスフタイルの構築はとっても楽しい♡

 

目指すは「私なりのライフスタイル」
マイライフスタイルとでも言うかな・・・
お気に入りの必要なものだけに囲まれた、
最大にして最少の心地よい生活です。

 

実現に向かって頑張ります♡

 

その為のプロセスや根本的な考えなども含めて、
動画とBlogでご紹介していきたいと思っています。