Work

ただの日記で終わらない人と終わる人の違いとは☺︎

自分では何気なく、
気負いなく、
サラリとできていることって、
なにかありますよね。

でも、よくよーく考えてみると、
「あぁこういうところは注意しているかな」
とフツフツと思い出される。

たとえばワタシなら、
ファイリング作業、書類を綺麗にまとめてファインリングできる人を尊敬します。

とにかく苦手です,,,,,
資料はガサッと大分類でわけてしまいがちです、汗。

これを上手にできる人だって、
得意で才能だと思う。

まだまだ原紙重視は世の中にたくさんあって、
それをファイリングする作業だって、
立派な仕事になる。

見やすい探しやすいインデックスとか、
そんな工夫をする作業を苦もなく、
誰に頼まれたでもなく、
鼻歌まじりでできるような人、
スゴイです!

十分に得意で、
十分に仕事として成り立つ。

ただし、仕事にするための行動が
必要です。

カウンセリングでも、
仕事内容によってメディアを複数使いこなし
棲み分けすることをご紹介しました。

専門性の高い内容ということもあり、
インスタだけの発信から、
ブログを書いた方がいいよと
オススメさせてもらったのですが。

記事の書き方、
写真の選び方、
プライベートと仕事の発信の仕方,,,,,

説明しながら、
「あら、ワタシってばこんな使い分け(テクニック)をしているのね,,,」
なんて自分ごとながら驚いたりしました。笑。

得意な人間にとっては、
基本無意識レベルでやっていますが、
紐解くと、
そこには意味やロジックがあり、
その結果、成果があります。

それを知らないで、
きのみきのままで発信していると、
それはただの「日記」や「記録
にしかなりません。

この違いが分かる人と分からない人が
フォロワー数に反映されたり、
認知・集客に現れるのかと思います。

せっかくの得意も埋れてしまっています。

それを掘り起こして、
趣味にしたり、
仕事にしたり、
いろんなカタチに変化できる、
そんなマインドやノウハウを学ぶことが
大切なのですよ♡

埋もれた才能を発掘しましょう☺︎

お申し込みはコチラ