Mind

未熟な時代を経て今がある☺︎

本日は桃の節句。

お雛様を飾られている方も
多いのではないでしょうか。

わたしも
大好きなちらし寿司など
作りたいところですが,,,

残念ながら、
普通の平日を過ごす予定です、苦笑。

四季折々、
風習や昔ながらの催事を
取り入れた生活に憧れて、
実家時代は熱心にやっていました、笑。

それは、
その他の家事を
母が担っていてくれたから、
できたのだと感じています。

今はそう簡単ではありませんが、
それも、
本来は気持ちひとつのこと。

いい訳はたくさんできますが、
突き詰めると、
自分次第ですね、笑。

実はずっと、
どんな環境になっても、
毎年の桃の節句が楽しみになる、
お雛様とお内裏様を
探しています。

色々見てきましたが、
これ!と思えるものに出会えず,,,
今だに手に入れられずにいます。

そして、
偶然にも今年、
ずっとずっと昔に心惹かれた
作家さんの作品を目にする機会があり、
以前にも増して、
強く強く惹かれました。

好みって変わらない。
素晴らしい作品は衰えない。

そう感じました。

実は当時、
お問い合わせしたけれど、
作家さんへの個別オーダーのため、
とても高価で、
わたしには手が届かなかったのです。

幾らか忘れてしまったのですが,,,
あの時、
勇気をだして手にいたら、、、
と思うと、、、
ちょっと胸がツーンとなりました。

こういう後悔はとにかく嫌いで、
ずっと心残りになるので、、、

わたしは、
豊かな時間や気持ちの与えてくれる
対価である、
結果的に自分への投資になって、
損失ではないと、
消費ではないと、
言い聞かせて、
手にいれることが多いです。

未熟だった時代に出会っている
お雛様は、
今のわたしへと成長させた、
思い出です☺︎