Mind

朝の習慣、ポジティブマインドの作り方☺︎

最近の朝の習慣をご紹介します☺︎

ワタシは常日頃、
ポジティブな方向に目を向けるよう、
努めています。

明るくて前向きな人が好きだし、
自分自身もそうありたいと、
願っています。

でも、人間ですから,,,
時にネガティブな感情や、
不安定な時もあるのですよね。

理由があったりなかったりと、
漠然な時もまま、ある、、、

それを上手に理解し、
コントロールできたらいいなぁ、
とよく思っています。

そのひとつとして、
朝の迎え方を考えてみました。

朝はいつも「新しい」のですね。

もちろん、掘り起こせば、
昨日の疲れや悩みを引きずっている、
なんてこともありますが,,,

寝起きの状態は覚醒していないし、
緩慢だから、
わりとフラット、ニュートラル。

この状態で、
朝イチ、
ポジティブマインドを
取り入れることをやっています☺︎

方法は簡単です。

ポジティブな人生の生き方を、
毎日記事にしてくださる方が、
たくさんいらっしゃるのです。

その中で自分が惹かれる、
心に刺さる言葉を紡ぐ人の
ブログを読む、
これだけです♡

たった数分を朝イチ、
ベッドの中で行い、
マインドをポジティブにもっていく。

自分でその日の朝の方向性を
決めるのです。

フラットな無の状態だから、
特に言葉が刺さりやすい。

今日一日を明るく過ごしたい、
素敵にしたい、
自分らしく過ごしたい、
いや、過ごそう!と思えるのです☺︎

そう思うだけでも大切なのですよね。

ネガティブマインドで朝を切り出すと、
すべてが霧がかったような、
グレーアウトした世界になります。

バタバタで朝食が食べられなかった、
お弁当も適当に詰めただけ、
ランチの時の楽しみになんてならない、
出社したら早々に上司に注意された、
なんだか化粧のノリまで悪い、、、

などなど、
現実がいつもより重く感じてしまう。。。

朝食はコンビニの新発売のパンを
食べてみるチャンスだ!

ランチはこの際、
同期を誘ってちょっと愚痴を聞いてもらおう♡

上司に注意されたのはやっぱりだな、
日常業務に丁寧さや緊張感が
抜けていたからだ、反省だな、、、

化粧がノラないのは睡眠不足、
今日は早めに寝るために、
サクッと定時退社だ!

同じ事実であっても、
本当にひとつひとつが、
自分の受け止め方なのですよね。

大前提的に、
ネガティブマインドを持って、
それにのみ込まれていると、
幸せになれないのです。

なぜなら、
今ある幸せに気づけないから。

他責にすることが多くなり、
人を羨んだりして、
自分のあるものに気づかず、
ないものに執着し、
持ち合わせている人に嫉妬します。

自分への努力を惜しんで、
他者や外的要素をアテにし、
自分は恵まれてない、
不幸だと感じてしまうのです。

聞いただけでも、
幸せになれるはずがありませんよね。

誰しもがもつネガティブマインドに
のみ込まれると、
幸せが遠のくばかりなのです。。。

時にネガティブに引きずられて、
ブレてしまうのはよくあることです。

だけど、
それに全部をのみこまれない、
抵抗するために、
マインドをポジティブにもっていく
必要があります☺︎

これ意図してできることです。

ポジティブにいくか、
ネガティブにいくか、
は自分自身の選択と決断です。

だからこそ、
その日一日の自分のマインドを
決める朝に、
ポジティブマインドを取り入れる、
この方法が有効です♡

今朝は珍しく夢を覚えていたのですが、
昔よく実家で母とケンカしていた内容でした、苦笑。

だから目覚めとしては、
あまりイイ状態ではなかったのですが。

でも、、、
自分で自分をコントロールしました。

実家では母の過干渉がうっとおしくて、
母の気持ちも理解できませんでした。

怒りという炎を力いっぱい、
遠慮なくぶつけていましたが,,,

今はこんな怒りという熱くて火傷する
炎をぶつけられた母は、
どんな気持ちだったのだろうか、、、
と察することができます。

母には母の思いがあってのこと、
でもワタシは理解できなかった、、、

そのすれ違いが生んだ誤解、
ただそれだけなのに、、、

お互いを思う気持ちがあるのに、
噛み合わなかった時の誤解を、
冷静に対応できなかったのですよね。

血のつながりがある肉親だからこそ、
冷静になれないというのもあります。

一瞬で着火する怒りという感情を、
自分の手に余らすからこそ、
その着火の原因を作った本人に、
ぶつけたくなる、、、

でも、
その後の気分の悪さったら
なかったなぁー。
ぜんぜんスッキリしなかった,,,

あの後味の悪さとは、
これだったのだと、
気づけたのが今頃、
今朝のことです、、、苦笑。

今日は母に電話して、
日頃の愚痴を聞いてあげようと
思います☺︎