housing

本棚をトキメめかせる♡

起業するにあたり、
起業しても、
学びはずっと続くもので、、、
本が溢れてきたのが、
気になっていました。

本棚を通るたび、
「うーん・・・」
と心にチクっと刺してくる想いを
見て見ぬフリ。。。

良書はすくないもの。

まるまる一冊、
手元に残しておきたいのは、
わずかなのです。

心に響いた言葉や、
刺さったフレーズ、
忘れたくない学びは、
すべてノートに書き取るように
しているのだよね。

そのほうが、
インプットもできるし、
収納スペースの
確保にもつながる。

良い方法だと思うので、
個人的にはオススメしたいところ☺︎

ある時、
急にスイッチがはいって、
ヨイショっと片づけ開始。

Before写真を撮り忘れて、
動画も撮り忘れて、
Afterになってしまいますが,,,

今はこんな感じまとめました。

無印のコシャー箱の使い道を
定めていないのに、
買っていたことが功を奏し、
居場所も見つかり、
スッキリ収納になりました♫

本棚って、
その人の内面が曝け出される
と感じているわたし。

インテリアとしても目についても
心地よいものは出し、
人にはちょっと知られたくない内面や
デザイン的にイマイチなものは隠す。

このマイルールに従って、
コシャー箱を使っての
インテリア重視です。

まだ個数が足りないのですが、
無印のHPをみたら、
在庫なしなので、、、
気長に待ちます♡

環境の大切さをコロナ禍で
ますます感じているのだよね。

そして、
起業してお家はオフィスになった時にも
強く強く感じていることでもある。

心地よくて、
納得した環境に身を置くこと、
これがすごく大切。

理想を追いかけるだけじゃなくて、
今あるところで実現に努めるのも、
必要なのだよね。

箱ごと、
理想や憧れが手にはいるのではなく、
ひとつひとつのパーツを揃えて、
理想や憧れが実現されるからね。

だから、
自分の好きを大切に、
まだ見ぬ未来や明日に延期せず、
今、手に入るものを、
今、つかむ。

それが、
理想や憧れにつながって、
ひとつのカタチになることが、
理想や憧れの実現だからね♡